人気ブログランキング |
 
Top
<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
 
ゼミ~コンペ~
ゼミの活動の1つであるコンペの第1回目のエスキースが行われ、6つのグループがそれぞれ考えてきたことを発表していきました。
a0158819_2127381.jpg


形態やシステムから提案していくグループ、敷地からテーマを見つけていくグループ、コンペのテーマを掘り下げて追求していくグループと各グループ異なったアプローチが印象的で、それぞれの個性がよくあらわれていました。

みんなまだまだ、考え中の状態で方向性が定まっていなかったり、あやふやだったりするところを先生のアドバイスにより方針が明確になっていった気がします。



ゼミ終了後、読書会の次の課題である「S,M,L,XL」のグループわけをしました。アミダくじ歪んでます。。。
a0158819_21351811.jpg

今期はとりあえず「S」をやっていくことで決定しました。





それぞれスタジオやコンペ、読書会など多忙ではありますが、がんばっていきましょう~

~H田氏生誕23周年~ ・・・おめでとう

U4 JM
by shimohigoshi_lab | 2010-05-20 21:45
 
読書会が終わりまして
今年からの研究室ですが、優秀な後輩により下吹越研究室のHPも出来上がり、本格的にゼミも活動している感じになってきました。

(事務的な事はまだまだありますが。。。)

建築に関して書いていく場所もなかったし、これから更新できる限りブログを書いていこうと思います。


今週のゼミは読書会と卒業論文テーマの中間発表。


読書会に関しては、まだまだという感じ。

それは自分のことに関してでもあるし、全体のことでもある。

はっきり言うと、みんなが積極的にしゃべらないのが一番いけない。
こうやって一冊の本を深く話し合える機会は滅多にないし、わからないからこそ喋るべきだと思う。
先生の話をメモするのは当たり前だけど、他の人が発表している時、みんなどれだけメモをとっているんだろうか。
理解できる部分、意見が違う部分、わからない部分、それぞれをすぐさまメモしていけば話し合いもどんどん上手くいくんではないか。
次はもっと全体で積極的な話し合いになれたらと思う。

(内容に関してはまた違う機会に)


卒業論文に関しては、4年生はまだまだ悩んでるみたいです。
まぁ当たり前だけど。

ただ気になったのが、卒業設計と絡めていきたいとの声が多かったんだけど、どの程度絡めたいとか考えているんだろうか。


それによってはテーマも内容も変わってくる。


例えば、敷地に対して論文を書いていけば、卒業設計のとき、敷地調査を半分くらいしなくてすむかもしれない。ただ論文は独自性がむずかしい。

あるテーマでの形態を探っていく論文にすれば、そのテーマでの卒業設計のときカタチを考えていく上で考えやすいのかもしれない。でも評価軸の選定が難しいし探っていくだけで終わってしまう場合もある。

また作家・作品研究に関しては、ボキャブラリーは増えていくと思うけど、直接卒制と結びつける事に関してはかなり難しいのではないかと思う。

あくまで個人の意見だし、それぞれで身につけられる事は幾分にあるし、全てはその人次第なんだけど。


でも、やっぱり先生がいっていたように好きな事を見つけていく事が大事だと思う。

卒業設計も大切だけど、特に大学院を目指している人は論文こそ重要な気がする。

知識と理論を鍛える機会は今の大学ではほとんどないのだから。


だからこそ、一旦卒業設計は忘れて、興味を持った事を深く掘り下げていく事がなにより大切になる。

論文を書いてるうちに何か全く新しい発想が生まれる事だって充分ある。

むしろそこが重要な気がする。



そして、自分たちも相談にのれるように4年生以上に知識を身につけていかなければと思います。



from M1 ktsg
by shimohigoshi_lab | 2010-05-16 20:39 | 研究室活動
 
ブログ
法政大学 建築学科 下吹越武人研究室
ブログ始めました。

HPも完成しました。こちら
a0158819_20282098.jpg
by shimohigoshi_lab | 2010-05-02 01:03