人気ブログランキング |
 
Top
<   2011年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧
 
報告と報告。
ども。ktsgです。


研究室で行っていた国際コンペの結果報告です。

バングラデシュサイクロンシェルターコンペティションの2次審査は負けてしまいました。

1位は、建築家であり、大阪工業大学で教えている前田茂樹さんです。

詳しくはHPを見てください。
http://comp.atelier-pax.jp/

ファイナリスト5組の案は、英語ページからみれると思います。


個人的な感想としては、
前田さんの案は、求められている事にしっかり応えられていたと思いました。
シェルターとしての機能を保ちながら、空間を豊かにしていくこと。


僕らの案は、空間の豊かさや、公共施設としての使われ方等はしっかり提案出来ていたと思います。
しかし、シェルターとしての機能は低かったです。
1次審査が通っていたので、そこは大丈夫だと思っていたけど、そこがだめでした。

また、前田さんのプレゼンも良かったと思います。
今回、1次審査通過した後に、ファイナリスト5組が現地調査に行ったのですが(ここが普通のコンペと違うところ。)、その調査が最大限活かされていたと思います。

うちの研究室では他のM2二人が行ったのですが、やはり建築家として活動している人の着眼点・洞察力は鋭いと思います。
その能力の差が、最終的な案の差に出てきてしまっていると感じました。

自分たちも「建築家の眼」をもっと養っていかなければと、痛感したコンペでした。


まとめると、もの凄く悔しかったですw




そしてもう一つの報告。

ついに出版されました!住宅の空間原論!

去年度教授の執筆する本(共著)の図面とレースを手伝っていました。
現在の4年生とM2が、忙しい合間をぬって作品について調査しながら、トレースを行っていました。


その本がついに出版されました!!!!!!!
ちょっとした手伝いでも、しっかりした形になると嬉しいもんですね。
久々に学部の頃の、先輩の手伝いが純粋に楽しかった時期を思い出しましたw


本の内容は、(住宅の)空間の所作について。
建築空間を、各テーマから考察しその振る舞いについて述べられています。
建築は、決して一つのテーマのみ考えられているわけではないけど、
テーマ毎に秀逸な建築作品を取り上げ、その重要性、役目、所作を考えさせてくれる良い本なのではないかと思います。

お勧めしますw

a0158819_16274471.jpg

by shimohigoshi_lab | 2011-09-23 16:29 | 研究室活動
 
7月、8月、9月のあれこれ。
こんにちは。
ktsgです。


毎週書こうとしていたブログは、7月のちょっとした忙しさと夏休みのため、すっかり忘れてました。

というわけで、しっかり活動してましたという回顧録。


ゼミ旅行とかの詳しい様子は、多分アッチノヤマさんとかが書いてくれるはずですw


7/7 M2の修士設計ゼミ内中間発表

3人とも、なんだかテーマ発表で終わってしまいました。

個人的にはテーマが漠然としすぎていて、そこについてはハッキリ酷評を言われました。
ようするに建築的なアイデアがまだまだ出て来ていないということ。
ただ、m2の3人はそれぞれ方向性が異なるので、そこは楽しみかなと思ってます。


7/23 修士前期スタジオの発表が有りました。

法政では院の前期は基本的にグループで設計をします。
グループの大変さは、その役割がハッキリ出来ないところと、皆のアイデアをしっかりまとめていく事だと思います。

でもそこを乗り越えて、4つのスタジオが無事に終わったので良かったです。


7/30~8/2 ゼミ旅行@鳥取、島根

鳥取砂丘から始まり、倉吉市庁舎(丹下健三)、東光園(菊竹清訓)、投入堂、出雲大社と回ってきました。

丹下さんの建築は行かないとその素晴らしさは十分に理解出来ないと思いました。(大体の建築はそうだけど、特に)

投入堂は、冒険でした。
日本の宗教と、あの地形だからこそ体験出来る建築なのだと思います。まだ行っていない人には本当にお勧めします。

ゼミ旅行の後は、またヒッチハイクで中国地方回ってました。

他の皆もそれぞれ京都や広島、四国を楽しんでいったみたいです。



9/10,11 奥多摩合宿

ひょんなことから、他研究室の後藤教授の別荘(奥多摩)に行く事になりました。
(どういう経緯で決まったのかは、未だに知らないw)
河でカヌーやったりボート漕いだりしました。

奥多摩合宿は今年からの恒例行事になるそうです!

研究室は、今年でたったの2年目。
伝統はこれから出来てくるんです。


7月と夏休みはこんな感じでした。
下吹越研究室は、夏の間は研究等のゼミは特に行わず(教授の意向で。来年はわからないけどw)、みんな自由に楽しんでました。





そしてこれからは、4年生は、卒業論文・卒業設計、M2は修士設計が佳境になります。

修士の中間発表は10/15です。そろそろヤバいです。
ゼミ内中間で言われた事を未だに解決出来ていないです。多分3人ともw
中間でそれでは笑い事にならないので、どうにかしっかり進めていきます。


M1は新しい実施コンペが始まりました。コンペなので内容は終わってから報告します。

1段階審査だっけ?2段階だったっけ?
今回はM2ということもあり、関わっていないけれど、是非とも実現に至って欲しいです。
でも提出前は手伝ったりするのかな?



ではでは。今のM2が関わっていたコンペについてはまた次回。
by shimohigoshi_lab | 2011-09-20 16:07